NEWS お知らせ

常に、新しい感動を探して

事務所やバックヤードでも、常に微笑みを絶やさない。共感力を磨くため、若い世代とコミュニケーションを欠かさない。式場間での異動があると、雰囲気に合わせてお洒落を変えた。その姿勢は役員になった今でも変わらない。「幸せな結婚式を成功させるためには、自分自身がポジティブじゃないと。普段つまらない顔をしていて、お客様の前でだけハッピースマイルなんて絶対に不可能」。
「現場」と「経営」の間に立つ者として考えているのは、社員がより高いステージで働ける環境づくり。結局はそれがサービスクオリティの向上に最も有効だからだ。権限委譲によるジャッジの早さは、顧客の信頼獲得と同時に社員の成長にも大きく寄与している。「一生に一回の大切な一日をお手伝いできる。これ以上の感動に包まれる仕事はありません。自分が感動できなくなったらこの仕事は続けられない」。新しい「感動」探しを常に心がけている。